top of page
  • 執筆者の写真confesta2

そのジェルネイル、特許侵害してませんか?

最近、ジェルネイル製品に関して特許侵害をしている製品が多く見受けられます。

OEM で製造依頼をする際には、依頼元の会社、製造メーカーだけでなく、イメージタレントとして広告宣伝する方も、この点をきちんと理解しておく必要があります。


<特許侵害とは>

特許侵害は、他の企業や個人が特許保護された製品やプロセスを権利者の許可なしに使用、製造、販売する行為を指します。ジェルネイルの分野でも、特定の特許が存在し、それに違反する製品の製造や販売は法的な問題を引き起こす可能性があります。


<特許侵害に関するリスクと影響>

特許侵害は重大な法的問題であり、次のようなリスクや影響が考えられます。

1.     法的訴訟: 特許権者は特許侵害に対して訴訟などの法的手段を取ることがあります。

2.     製品の差し止め: 特許侵害が確認されれば、侵害した製品の製造や販売が差し止められる

  可能性があります。

3.     賠償金支払い: 特許権者に対して賠償金を支払うことが求められることがあります。


我々は、ジェルネイル製品の製造や販売に携わる企業や個人が特許に関する法令を順守することを強く奨励します。法的なトラブルを避け、健全な市場環境を維持するためには、特許侵害に対する理解が必要です。製品を開発する際には、特許の確認を怠らないようにし、専門家のアドバイスを受けることが賢明です。

コンフェスタでは、秘密保持契約を締結した上で、特許侵害の有無についての個別相談もお受けしております。ご活用ください。




bottom of page