top of page
  • 執筆者の写真confesta2

話題の回収ジェルネイル

消費者庁のホームページにリコールの情報が記載されていました。

普段お使いのサロンさんにとっては、大変なことだったとお察しします。

お直しも発生して再施術の時間もコストもかかり、お客様への信頼度も下がることも考えられます。ネイリストさんは技術を駆使して最良の結果を提供したいと考えていますから、製品の不具合によって満足のいく結果が得られないことは、自身のストレスやフラストレーションにもつながります。お客様もしかりです。

化粧品ですので、成分が裏面表示がされてるとはいえ、一般的には理解不明の成分名ばかりです。多くのサロンで導入されている製品であり、効果に影響を与える大事な成分の変更ならば、販売時に使用者であるネイリストさんにしっかりと告知をするべきだったのでは、ないでしょうか。





Commentaires


bottom of page